生活サイクル
世界一周ルートGIF 世界一周旅行(2000年前後)の写真、情報、帰国後に知った情報をのせて行きます。時系列ではなく適当に地域を選んでいきます。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

アフリカ縦断最終回

2011/09/22 Thu 22:00

アフリカの東側を南下縦断した後のコースとして考えられるのは
1.アフリカ西側北上、その後スペインからヨーロッパへ。
2.南米アルゼンチンに行き(格安航空券あり)、そこから南米中米と北上。

ですが、1は紛争地等あり、なかなかしんどそう。2だとヨーロッパを飛ばしてしまうという事で、
上記のルートは止め、一気にヨーロッパに飛んでしまう事にしました。
都市は飛行機代が格安だったロンドンにしました。


a night view of cape town
ケープタウンの夜景。アフリカ大陸縦断最後の写真です。
ケープタウンは美しい街でした。


次回はアジアかヨーロッパについて書きますが、しばらくお休みします。
スポンサーサイト
総合的な話 | コメント(4) | トラックバック(1)
喜望峰の観光案内所に絵葉書が売っており、しかもポストがありましたので、そこから日本に送ってみました。
アフリカから送る最後の絵葉書です。

エジプトから南アフリカまで計27枚の絵葉書を送りました。
その中で届かなかった物はありませんでした。ただ、折り目がついてしまったりと乱暴には扱われます(私的には味がでて歓迎です)。

post card  from africa 27 cape of good hope
喜望峰全景です。

post card from africa 27 cape of good hope

アフリカ縦断 | コメント(0) | トラックバック(1)

喜望峰

2011/07/13 Wed 17:42

アフリカ縦断最後の観光地、喜望峰(Cape of Good Hope)に行きました。
入園料は40R。

英語名Cape of Good Hopeは訳すと「希望岬」なので、「喜望峰」は誤植が一般に定着してしまった様です。

大航海時代からスエズ運河ができるまで、ヨーロッパの船はここまで南下してからインドやアジアに向かったので大きな目標地点でした。色んなイメージができる歴史的な場所ですね。

cape of good hope 2 喜望峰
記念碑です。

cape of good hope 1 喜望峰
岬の先端にある灯台です。

cape of good hope 3 喜望峰
この辺の海は岩場です。

アフリカ縦断 | コメント(0) | トラックバック(1)

Jonathan Butler

2011/06/14 Tue 22:23

ケープタウン、ウォーターフロントにあるジャズクラブThe Green Dolphin Jazz Restaurantにジョナサン・バトラーが出演していたので、見にいってみました。
http://green-dolphin.co.za/

ジョナサン・バトラーはケープタウン出身でアメリカ進出したミュージシャンです。
グリーン・ドルフィン・ジャズレストランは日本で言えばブルーノート東京の様な感じで、美味しい料理を出すジャズクラブでした。地元の大物ミュージシャンという事で、大入り満員、大盛り上がりでした。



ジョナサン・バトラーはジョージ・ベンソンの様な歌えるジャズギタリストです。ジャズというよりブラコンという印象でした。良いパフォーマンスでしたが、自分としてはもっと泥臭い感じが好みかなと。
南アフリカのジャズミュージシャンではヒュー・マサケラ(Hugh Masekela)が見たかったです。この人は南アフリカでは先駆者として神様扱いの様です。


1968年グラミー賞受賞のソウルジャズです。おおらかで田舎風な感じが良いです。

脱線しますが、これに歌をつけたソウル・グループFriends Of Distinctionの映像をYouTubeで発見。この方達はアメリカ人です。




ジョナサン・バトラーのCD。今となっては懐かしいブラコンジャズです。


左はヒュー・マサケラも出演しているアパルトヘイトのドキュメンタリー映画。


ケープタウンにはアフリカ全土の大金持ち(独裁者も含む)の豪邸もある様で、かなり洗練された印象の町です。
日本人にとっては物価は安いので不思議な感覚です。

南アフリカ | コメント(0) | トラックバック(1)

ボルダーズ・ビーチ

2011/06/05 Sun 01:38

ペンギンのいるボルダーズ・ビーチ(Boulders Beach)に行きました。
野生のペンギンと一緒に泳げるのはなかなか貴重な体験ではないでしょうか。
ペンギンはアフリカン・ペンギン(鳴き声がロバに似てるのでジャッカス・ペンギンとも)でやや小ぶりです。
ビーチは自然公園として管理されており、入場料15Rを払って入場します。

boulders beach penguin 2
期待通り、ペンギンがうじゃうじゃおります。

boulders beach penguin 3
微妙な水際がお好みの様です。

boulders beach penguin 6
もう少し寄ってみます。

boulders beach penguin 1
寄っても逃げません。

boulders beach penguin 8
なぜか眼を合わせてくれません。無視されます。

boulders beach penguin 5
そっぽを向きます。

boulders beach penguin 4
下から見てみます。

boulders beach penguin 7
毛はトゲ状で固そうです。

ここのペンギンは人間を怖がりませんが、馴れ馴れしくはならないという絶妙な関係を保っている様です。
餌付けされてしまうと野生から離れてしまうので良い関係ではないでしょうか。人間はただ観察するだけです。

次回は喜望峰に向かいます。

南アフリカ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。